蝶々のアルバム2019(その2)

前回の続き 今年、近くの散歩道で撮った、5科16種類の蝶々の写真をアルバムにしてみました。
蝶々のアルバム2019(その2)」は、何時も見かける蝶々のうちで最も大型で前翅長が4~7cmほどの「アゲハチョウ科」の4種類です。 

キアゲハ(黄揚羽)」アゲハチョウ科tyoh2019-101.JPGtyoh2019-102.JPGtyoh2019-103.JPGtyoh2019-104.JPG明るい草原で花から花へ飛び回り、やや黄色味をおびたナミアゲハとともに良く見かける「キアゲハ(黄揚羽)」です。

ナミアゲハ(並揚羽)」アゲハチョウ科tyoh2019-105.JPGtyoh2019-106.JPGtyoh2019-107.JPGtyoh2019-108.JPG都会から山地まで、何処でも見られるアゲハチョウ科の代表的な蝶です。 単にアゲハチョウとは、この「ナミアゲハ(並揚羽)」を言うようです。 また、家紋の揚羽紋は、この「ナミアゲハ」を図案化したそうです。

キアゲハナミアゲハの違い」tyoh2019-112.JPGキアゲハ」と「ナミアゲハ」は良く似ていて、秋口や個体によっては、ほとんど見分けのつかないことがあります。 写真の「」赤丸の部分に黒い縦縞模様があるのが「ナミアゲハ」で「キアゲハ」には、このように縞模様がありません。 

クロアゲハ(黒揚羽)」アゲハチョウ科tyoh2019-109.JPGtyoh2019-110.JPG散歩道で見かける前翅長7cmほどの最も大型のアゲハチョウ「クロアゲハ(黒揚羽)」です。 黒く大きな前翅で後翅外縁に赤斑が目立ち、日陰をひらひらと飛び回っています。

アオスジアゲハ(青条揚羽)」アゲハチョウ科fusafuji009.JPGfusafuji010.JPG前翅長4cmほどのアゲハチョウの中では小型の「アオスジアゲハ(青条揚羽)」です。 黒地に鮮やかな透き通った青緑色の帯が目立つ綺麗な蝶ですが、散歩道ではなかなか出会えません。 また、静止することが少なく、素早く飛び回るので撮るのが難しい蝶です。 写真はこの2枚しか無く、今年の7月に投稿した写真の再登場です。

記事中の画像は全てクリックすると拡大します」 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 48

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年12月03日 10:31
こんにちは、今の時期では無いと思いますが蝶々が綺麗ですね、太陽の光を受けて生き生きと飛び回っている感じです、空も大地も真っ白になった当地では半年先の景色とうらやましく拝見していました。