天守のある城を訪ねて(岐阜城)

「大河ドラマ麒麟がくる」の放送が再開され、以前「城めぐり」をしていた、ちょうどこの時期に行った、斎藤道三と織田信長ゆかりの「岐阜城」を思い出し「天守のある城を訪ねて」の一つに追加しました。 撮影日:2016年9月16日(金曜日)この日は市営岐阜公園第一駐車場に車をおき、岐阜公園から金華山ロープウェーで「岐阜城」へ。 その後、城下町…
コメント:0

続きを読むread more

タテハチョウとコスモスの花

今週は曇り空が続いていますが、気温は毎日30度を下回り散歩に出ることが多くなっています。 でも、咲いている花は少なく、小鳥もスズメ(雀)ぐらいで、撮れるのは蝶々だけです。 撮影日:2020年9月16日(水曜日)ここは、いつも蝶々の写真を撮っている「いつもの散歩道」沿いにある「黄花コスモス」の群生地です。 今回は、初夏から咲き続けている…
コメント:0

続きを読むread more

キアゲハとナミアゲハ

朝夕はだいぶ涼しくなり、秋の花「コスモス(秋桜)」も咲き始め、虫の声も大きくなってきました。 先週に続き、2週連続で「いつもの散歩道」沿いにある、黄花コスモスの群生地に蝶々撮りに行ってきました。 撮影日:2020年9月10日(木曜日) 前回はスズメガ科の仲間でしたが、今回はアゲハチョウ科で最も良く見かける「キアゲハ(黄揚羽)」と…
コメント:0

続きを読むread more

オオスカシバとホウジャク

昨年は初夏から見られた「スズメガ(雀蛾)」の仲間を、今年は9月に入って「いつもの散歩道」沿いにある黄花コスモスの群生地で、初めて見ることができました。 昨年の「スズメガ」の投稿は「初夏の昆虫と花」 ←クリック:2019年6月18日の投稿です。 撮影日:2020年9月2日(水曜日) 「オオスカシバ(大透翅)」 スズメガ(雀蛾…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の蝶と鳥

猛暑が続いた8月も終わり、今日から9月。 暑さで、この1週間は家に籠っていたので、今回は8月に「いつもの散歩道」で撮りためた7種類の蝶々や、野鳥の少ない夏の散歩道で、いつも会っていた軽鴨などです。 撮影日:2020年8月23日(日曜日) 「タテハチョウ科の蝶4種」 「ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)」 「ヒメアカタテハ(姫…
コメント:0

続きを読むread more

夏の散歩道(その3)

曇り空で涼しかった日曜日の午前中、いつもの散歩道を久しぶりに少し遠くまで歩いて、目に留まった花などを撮ってきました。 撮影日:2020年8月23日(日曜日) 「散歩道沿いの花」 「ヒャクニチソウ(百日草)」別名:ジニア キク科の一年草花の少なくなった散歩道沿いで元気に咲き続ける「ヒャクニチソウ(百日草)」の花です。 「フ…
コメント:0

続きを読むread more

夏の散歩道(その2)

少し気温が低かった先日の朝8時過ぎ、川面を渡る涼しい風を感じながら、いつもの散歩道を花撮りに歩いてみました。 撮影日:2020年8月18日(火曜日) 「黄花コスモスの花とキアゲハ(黄揚羽)」 散歩道沿いにオレンジ色の夏の花、キク科の「黄花コスモス」の花が群生して咲いています。 いつも「シジミチョウ(蜆蝶)」が吸蜜に集っているの…
コメント:1

続きを読むread more

小河内ダムと真夏の庭

立秋とはいえ、連日厳しい暑さが続きます。 先日、奥多摩方面に出掛けた折に見かけた「小河内ダムの放流」と花の少なくなった「真夏の庭」の様子です。 「余水吐から放流中の小河内ダム」 撮影日:2020年8月5日(水曜日) 梅雨前線の活発化に伴う大雨の対策として、7月26日頃から行われていた「小河内ダムの余水吐(よすいはき)からの放流」…
コメント:0

続きを読むread more

夏の散歩道

梅雨明け後は連日厳しい暑さが続いています。 梅雨の内は出かけられなかった、近くの小川の両岸に整備された遊歩道(いつもの散歩道)を午前中の涼しい時間帯に久しぶりに歩いて見ました。 撮影日:2020年8月2日(日曜日) 「ナミアゲハ(並揚羽)」アゲハチョウ科小川沿いのフェンスに覆いかぶさった、つる性植物の「ヤブガラシ(藪枯し)」…
コメント:0

続きを読むread more

天守のある城を訪ねて(名古屋城)

8月の入り待望の梅雨明けです。でも、今まで花撮りなどができなかったので、7月中続けていた「城めぐり」の思い出をもう1度。 今回は本丸御殿の復元工事中に行った愛知県の「名古屋城」です。 撮影日:2016年5月25日(水曜日) 「名城公園から外堀越しに名古屋城の大天守」 「外堀越しに三重三階の西北隅櫓(重要文化財)」「名古屋城」へは名…
コメント:0

続きを読むread more

天守のある城を訪ねて(姫路城)

梅雨空の毎日でカメラを持って散歩にも出られません。 7月は「城めぐり」の思い出が続いていますが、今回も5年前の「平成の大修理」が終わった時に出向いた、兵庫県の「姫路城」です。 撮影日:2015年10月20日(火曜日)国道312号線の花田ICを下りて西へ直進し、「姫路城」の姫山駐車場に車をおき、大手門から西の丸ルートで「姫路城」の最上階…
コメント:1

続きを読むread more

天守のある城を訪ねて(小田原城)

前回に引き続き、今回も以前「城めぐり」をした時の、神奈川県の「小田原城」です。 撮影日:2016年6月15日(水曜日) 小田原城址公園にある「小田原城」には、公園の東側の有料駐車場に車をおき、そこから「小田原城」正面入口の「馬出門」を入り本丸天守へ。 その後、車を走らせ3kmほど西にある石垣山の太閤「一夜城」から小田原城の「天守」を…
コメント:0

続きを読むread more

天守のある城を訪ねて(犬山城と長浜城)

前回に続いて、以前「城めぐり」をした愛知県の「犬山城」と滋賀県の「長浜城」です。 「国宝五城の一つ犬山城」 撮影日:2016年5月27日(金曜日)木曽川のほとりの小高い山の上に建てられた、現存する日本最古の様式と言われる天守のある、国宝「犬山城」通称:白帝城です。 「犬山城」へは、城に一番近い犬山城第一駐車場に車を停め、城下町を散…
コメント:0

続きを読むread more

天守のある城を訪ねて(彦根城)

この時期には「城めぐり」をよくしていたのですが、今年は出掛けられないので、以前訪れた天守のある城のうち国宝5城の一つ滋賀県の「彦根城」です。 撮影日:2017年6月8日(木曜日)国宝「彦根城」へは大河ドラマ「おんな城主直虎」が放送されていた2017年に訪れています。 この日は南側の大手前駐車場に車をおき、城郭には内堀に架かる大手門橋か…
コメント:0

続きを読むread more

夏の花 2020-1

早くも7月、今年も後半に入りました。 予報によると関東甲信地方は来週にも梅雨明けの可能性があるとか。 少なくなった庭の草花の中で、雨や風に耐えて咲いている3種類の夏の花です。 撮影日:2020年6月29日(月曜日) 「アガパンサス」 ヒガンバナ科(ユリ科)の常緑多年草南アフリカ原産で別名:「ムラサキクンシラン(紫君子蘭)」と…
コメント:1

続きを読むread more

初夏の花 2020-4

コロナで明け暮れている今年も、あと3日で半分過ぎです。 庭の草花だけは例年通り梅雨空の下で次々と開花が進んできましたが、続いていた「初夏の花」はこれが最後で、次は「夏の花」に替ります。 撮影日:2020年6月24日(水曜日) 「ベゴニア(四季咲きベゴニア)」 シュウカイドウ科の多年草 春から晩秋まで咲き続け、道路ぎわや公園…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の初夏の花

暫く庭の花撮りをしていましたが、曇り空で涼しかった先週の木曜日に、近くの小川の両岸に整備された遊歩道(いつもの散歩道)を久しぶりに散策しながら道沿いに咲く花を撮ってきました。 撮影日:2020年6月18日(木曜日) 「ユリ(百合)」 ユリ科の多年草遊歩道沿いの畑の隅に、色とりどりの「ユリ(百合)」の花が咲いていました。 ちょ…
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花 2020-3

「前回の続き」 先週は気温30度超えの真夏日が続く中、昨年より4日遅く、やっとの梅雨入りでした。 ヒメシャラ(姫沙羅)やハタザオキキョウ(旗竿桔梗)などの花が咲き始めましたが、夏に向かって開花する庭の花がだんだん少なくなってきました。 「ヒメヒオウギ(姫檜扇)」 アヤメ科の多年草 撮影日:2020年6月11日(木曜日)ヒオウギ(…
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花 2020-2

「前回の続き」 6月に入り、この1週間は気温が30度近い夏日が続き、庭の夏の草花が次々と開花しています。 撮影日:2020年6月6日(土曜日) 「スイセンノウ(酔仙翁)」ナデシコ科の多年草又は越年草葉や茎が白い綿毛に覆われ、フランネルの生地に似ていることから別名フランネル草とも呼ばれる「スイセンノウ(酔仙翁)」は濃い桃色の5…
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花 2020-1

6月に入り、梅雨入りも間近になってきました。 毎年、花の見所へ出かけることが多い時期なのですが、今年はまだ庭の花撮りが続きます。 撮影日:2020年5月31日(日曜日) 「スカシユリ(透百合)」 ユリ科の多年草花を上向きにつけるユリ科の多年草「スカシユリ(透百合)」の花です。 濃い赤色のこの花は、花びらにある赤褐色の斑点が目立ち…
コメント:0

続きを読むread more