芋片喰と花菱草の花、ほか

5月も中旬、一昨日は関東地方でも今年初の真夏日に、庭の草花も次々に開花して芋片喰や花菱草の花が目立っています。 撮影日:2021年5月8日(土曜日) 「イモカタバミ(芋片喰)」 カタバミ科の球根性多年草年々、株が大きくなり、今年は株の直径が50cmほどになった「イモカタバミ(芋片喰)」の花です。 花径1.5cmほどの5弁花で、5…
コメント:0

続きを読むread more

巣立ちしたメジロの幼鳥

木々を吹き抜ける風もさわやかな5月、親鳥に連れられて巣立ったばかりの「メジロ(目白)の幼鳥」が、庭の姫沙羅(ヒメシャラ)の木に飛んできました。 撮影日:2021年4月29日(木曜日) 「親鳥を待つ幼鳥」親鳥が餌を探して来るのを同じ場所で、じっと動かずに待っています。 親鳥の気配を感じると、大きな鳴き声を上げて親鳥を呼んでいます。…
コメント:2

続きを読むread more

大手毬の花と蝶々、ほか

外出自粛の大型連休、我慢の日々が続きます。 草花は順調に開花が進み、越冬した蝶々も見られるようになりました。 撮影日:2021年4月25日(日曜日) 「オオデマリ(大手毬)」 スイカズラ科の落葉低木 昨年と同様、連休前に満開になった「オオデマリ(大手毬)」の花です。「テマリバナ(手毬花)」の別名のように、真っ白な装飾花が直径10…
コメント:0

続きを読むread more

灯台躑躅と八重山吹の花、ほか

今週は連日の気温20℃超え、この暖かさで庭の草花が例年より少し早めに次々と開花しています。 撮影日:2021年4月19日(月曜日) 「ドウダンツツジ(灯台躑躅)」 ツツジ科庭の隅で樹高が3mほどになった「ドウダンツツジ(灯台躑躅)」の木に、小さな釣鐘のような花が今年は密集して咲いています。 花、新緑、紅葉と楽しめます。 「…
コメント:0

続きを読むread more

野に咲く春の花

「いつもの散歩道」に近い、なだらかな丘陵の尾根道を「野に咲く春の花」を見つけて久しぶりに歩いてきました。 撮影日:2021年4月11日(日曜日) 「紫色系の花」5種 「カキドウシ(垣通し)」 シソ科葉の並びから「レンセンソウ(連銭草)」とか、薬草の「カントリソウ((癇取草)」など、各地で呼び名の多い野草です。 「キラ…
コメント:0

続きを読むread more

君子蘭と射干の花、ほか

暖かい日が続いていても、朝は霜注意報がでるほどの冷え込みの日も。 室内では冬越しした「君子蘭」や「原種ベゴニア」の花が咲き、庭には「射干」や「錨草」が咲いています。 「クンシラン(君子蘭)」 ヒガンバナ科の常緑多年草 撮影日:2021年4月3日(日曜日) つやのある肉厚の葉が綺麗で観葉植物にもなる「ウケザキクンシラン(受咲き君…
コメント:0

続きを読むread more

庭に咲く春の花

八重咲き椿と雪柳の開花で始まった、今年の「庭に咲く春の花」は3月の暖かさで例年より早めに咲きだしています。 「ヤエザキツバキ(八重咲き椿)」 ツバキ科  撮影日:2021年3月18日雪柳と一緒に咲き始めた、斑入りと紅色を咲き分ける「ヤエザキツバキ(八重咲き椿)」の花です。 今年は花付きが良く、まだ蕾をたくさん残し咲き続けています。…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の春の花木

早くも、あと1日で卯月4月、散歩には良い季節になりました。 この時期には「いつもの散歩道」沿いで、花をつけた多くの花木が見られます。 「トサミズキ(土佐水木)」 マンサク科  撮影日:2021年3月17日(水) 「サンシュユ(山茱萸)」 ミズキ科 撮影日:2021年3月17日(水) 「アブラチャン(油瀝青)」 クスノキ科 撮影…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の水鳥たち(その2)

前回の「「散歩道の水鳥たち」←クリック:2021年1月23日の投稿 」では、カモ科の「マガモ(真鴨)」や、ツル目クイナ科の「バン(鷭)」と「クイナ(水鶏)」の姿が今年はまだ見えない、としていたのですが、3月に入ると次々に姿が見え、「いつもの散歩道」で見られる水鳥が8種類になりました。 「マガモ(真鴨)」 カモ目カモ科の冬鳥北への…
コメント:0

続きを読むread more

室内で咲いた洋ランの花

日当たりの良い室内の窓際で毎年2月頃から咲き始め、3月には満開になる洋ランの花が今年は5種類咲き揃いました。 撮影日:2021年3月13日(土曜日) 「初めて咲いた洋ラン2種」 「セロジネ フィンブリアタ」の花アジアの熱帯地方を原産とする着生ランで、花径4~5cm、草丈が10~20cmほど、葉は笹の葉のような形の「セロジネ…
コメント:0

続きを読むread more

六道山公園の里山民家

少し前になりますが、コロナ対策で都立公園の駐車場が全面閉鎖される前の先月下旬、東京都武蔵村山市にある「都立野山北・六道山公園」の「里山民家」周辺を散策してきました。 撮影日:2021年2月25日(木曜日) 「里山民家」のある「宮野入谷戸(みやのいりやと)」今では少なくなった、人と生き物が共存する自然豊かな「里山」を再現した「…
コメント:0

続きを読むread more

河津桜と小鳥たち

毎年見に行く、近くの公園の「河津桜」の花が満開になったと聞き行ってみました。 撮影日:2021年3月1日(月曜日) 「いつもの散歩道」際に2本ある「河津桜」の花は咲き始めたばかりなのに、日当たりの良い、この公園の「カワヅザクラ(河津桜)」の花は、すでに満開で「メジロ」や「ヒヨドリ」が蜜を求めて集まっていました。 「カワヅザクラ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の野鳥たち

2月は逃げる、明日はもう3月です。 最近「いつもの散歩道」で見かける小鳥の種類を数え始めてから、散歩に出かけると、どうしても撮ったことのない小鳥を探してしまいます。 この日は新たに3種類が撮れ、「いつもの散歩道」で見かけた小鳥が21種類になりました。 「新たに加わった散歩道の小鳥 3種類」 撮影日:2021年2月24日(水曜日) …
コメント:0

続きを読むread more

散歩道で咲く早春の花

風もなく暖かかった、この日「いつもの散歩道」で早春の花を見つけながら歩いてみました。 暖かいとは言えまだ2月、見られた花はわずかでした。 撮影日:2021年2月19日(金曜日) 「ウメ(梅)の花」 バラ科の落葉高木早春、葉に先だって花をつける2月の代表花、バラ科サクラ属の「ウメ(白梅)の花」です。 散歩道沿いで綺麗に咲いてい…
コメント:1

続きを読むread more

智光山公園を散策

昨年の12月にも散策した、埼玉県狭山市の「智光山公園(ちこうざんこうえん)」へ先週末に行ってきました。 「ひょうたん池」近くの駐車場から歩き始め、広い園内の雑木林の中を鳥撮りしながら散策してきました。 撮影日:2021年2月12日(金曜日) この日は運良く、日本には冬鳥として少数が飛来するといわれる「ハチジョウツグミ(八丈鶫…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道のエナガと野鳥たち

春のような暖かい日もあれば、真冬の寒さも、寒暖の差が激しいこの頃です。 前回に続き先週も「いつもの散歩道」で鳥撮りをしてきました。 この日は暫らく見ていなかった可愛い「エナガ(柄長)」などが撮れ、散歩道で見かける野鳥たちの種類がまた少し増えました。 撮影日:2021年2月3日(水曜日) 「エナガ(柄長)」スズメ目エナガ科の留…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道でルリビタキに遭遇

立春をすぎ、暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きます。 先日、「いつもの散歩道」沿いで「ウグイス」と出合った場所の近くで、今度は「ルリビタキ」に遭遇しました。 撮影日:2021年1月30日(土曜日)ヒタキ科で夏鳥のオオルリ(大瑠璃)、コルリと並ぶ青い鳥「瑠璃三鳥」の一種で、同じヒタキ科の「ルリビタキ(瑠璃鶲)」が散歩道沿いの小…
コメント:0

続きを読むread more

野山北・六道山公園を散策

狭山丘陵の西側、東京都武蔵村山市の野山北公園と瑞穂町の六道山公園をつなぐ広大な面積の東京都立「野山北・六道山公園」の、ほんの一部を散策してきました。 撮影日:2021年1月21日(木曜日)野山北公園駐車場際の金網フェンスの上で可愛い「ヤマガラ」が迎えてくれました。 ここから「公園管理所」経由で「赤坂谷戸」まで鳥撮りをしながら歩きま…
コメント:1

続きを読むread more

散歩道の水鳥たち

雨の無い乾燥した毎日が続いています。 天気予報によると、今日は待望の雨になりそうですが、夜には雪になるとか。  前回の投稿は「散歩道の小鳥たち」でしたが、今回は「いつもの散歩道」で見ている「水鳥たち」です。 「舞うコサギ」散歩道沿いの小川で一番よく見かける「コサギ」が小魚でも見つけたのか、足踏みしながら舞うように羽ばたきしている姿…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の小鳥たち

朝の気温が氷点下の日が続いていますが、風も無く暖かかったこの日、近くの小川の両岸に整備された遊歩道「いつもの散歩道」を久しぶりに歩いて撮った小鳥たちです。 撮影日:2021年1月13日(水曜日) 「ウグイス(鶯)」 スズメ目ウグイス科の留鳥「いつもの散歩道」沿いの藪の中で「チャッチャッ」と地鳴きしていた「ウグイス(鶯)」が突然目…
コメント:0

続きを読むread more