夏の花 2020-1

早くも7月、今年も後半に入りました。 予報によると関東甲信地方は来週にも梅雨明けの可能性があるとか。 少なくなった庭の草花の中で、雨や風に耐えて咲いている3種類の夏の花です。 撮影日:2020年6月29日(月曜日) 「アガパンサス」 ヒガンバナ科(ユリ科)の常緑多年草南アフリカ原産で別名:「ムラサキクンシラン(紫君子蘭)」と…
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花 2020-4

コロナで明け暮れている今年も、あと3日で半分過ぎです。 庭の草花だけは例年通り梅雨空の下で次々と開花が進んできましたが、続いていた「初夏の花」はこれが最後で、次は「夏の花」に替ります。 撮影日:2020年6月24日(水曜日) 「ベゴニア(四季咲きベゴニア)」 シュウカイドウ科の多年草 春から晩秋まで咲き続け、道路ぎわや公園…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の初夏の花

暫く庭の花撮りをしていましたが、曇り空で涼しかった先週の木曜日に、近くの小川の両岸に整備された遊歩道(いつもの散歩道)を久しぶりに散策しながら道沿いに咲く花を撮ってきました。 撮影日:2020年6月18日(木曜日) 「ユリ(百合)」 ユリ科の多年草遊歩道沿いの畑の隅に、色とりどりの「ユリ(百合)」の花が咲いていました。 ちょ…
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花 2020-3

「前回の続き」 先週は気温30度超えの真夏日が続く中、昨年より4日遅く、やっとの梅雨入りでした。 ヒメシャラ(姫沙羅)やハタザオキキョウ(旗竿桔梗)などの花が咲き始めましたが、夏に向かって開花する庭の花がだんだん少なくなってきました。 「ヒメヒオウギ(姫檜扇)」 アヤメ科の多年草 撮影日:2020年6月11日(木曜日)ヒオウギ(…
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花 2020-2

「前回の続き」 6月に入り、この1週間は気温が30度近い夏日が続き、庭の夏の草花が次々と開花しています。 撮影日:2020年6月6日(土曜日) 「スイセンノウ(酔仙翁)」ナデシコ科の多年草又は越年草葉や茎が白い綿毛に覆われ、フランネルの生地に似ていることから別名フランネル草とも呼ばれる「スイセンノウ(酔仙翁)」は濃い桃色の5…
コメント:0

続きを読むread more

初夏の花 2020-1

6月に入り、梅雨入りも間近になってきました。 毎年、花の見所へ出かけることが多い時期なのですが、今年はまだ庭の花撮りが続きます。 撮影日:2020年5月31日(日曜日) 「スカシユリ(透百合)」 ユリ科の多年草花を上向きにつけるユリ科の多年草「スカシユリ(透百合)」の花です。 濃い赤色のこの花は、花びらにある赤褐色の斑点が目立ち…
コメント:0

続きを読むread more

庭で咲く5月の花(その3)

「前回の続き」 木々の緑も濃くなり、あと3日でもう6月、衣替えの時期です。 「スイセンノウ」や「白蝶草」、「スカシユリ」などの初夏の花が咲き始め、アガパンサスの蕾も大きくなってきました。 撮影日:2020年5月24日(日曜日) 「コンボルブルス・ブルーコンパクタ」 ヒルガオ科の多年草地中海沿岸地方原産で、数多くの種類がある「…
コメント:0

続きを読むread more

庭で咲く5月の花(その2)

「前回の続き」「鈴蘭」や「釣鐘水仙」の花も終り、「花菱草」や「都忘れ」の花も勢いがなくなり、替わりに「ばら(薔薇)」の花などが満開になってきました。 季節は変わっていきますが、外出自粛の毎日はまだ続きそうです。   撮影日:2020年5月18日(月曜日) 「ブラキカム・チェリッシュ」キク科の常緑多年草四季咲きの多年草、ブラキ…
コメント:0

続きを読むread more

庭で咲く5月の花(その1)

5月も中旬となり、庭で咲く鉢植えの草花の数も多くなりました。 冬越ししたパンジーやビオラもまだまだ元気です。 野山を歩くには良い季節になったのですが外出自粛で当分の間、庭の花撮りが続きそうです。 撮影日:2020年5月13日(水曜日) 「カリブラコア」ナス科の多年草霜囲いした軒下でベゴニアと一緒に冬越しした、南アメリカ原産の…
コメント:0

続きを読むread more

思い出の上高地(河童橋~明神橋)

「前回の続き」 中部山岳国立公園の一部である長野県松本市の「上高地」を10年前の平成22年(2010年)に、「河童橋」から「明神橋」まで散策した時の「思い出」の写真です。 撮影日:2010年6月4日(金曜日)「河童橋」から「明神橋」へは、梓川の左岸を道沿いの高山植物の花を見つけながら上流へ向かいます。 「河童橋」からは清らかに澄み…
コメント:0

続きを読むread more

思い出の上高地(大正池~河童橋)

5月になると思いだすのが残雪をいただく穂高連峰と二輪草の咲く長野県の上高地です。 でも、今年は外出自粛で風景写真を撮りに行けません。そこで何度か行った「上高地」の中で、ちょうど10年前に大正池から明神橋まで散策した、「思い出」の写真を見つけてみました。 撮影日:2010年6月4日(金曜日)「大正池」から上高地の風景の中心、残雪を頂…
コメント:1

続きを読むread more

庭で咲く春の花(その3)

毎年「庭で咲く5月の花」としていた草花が、今年は5月連休前に咲いてしまい「春の花(その3)」になってしまいました。 撮影日:2020年4月26日(日曜日) 「ハナビシソウ(花菱草)」 ケシ科の耐寒性一年草カリフォルニア州の州花になっているカリフォルニアポピー、和名:「ハナビシソウ(花菱草)」の花です。 5色ほどあった花色が、…
コメント:0

続きを読むread more

庭で咲く春の花(その2)

「前回の続き」 3月から4月にかけて庭で咲いている花を、先々週末にまとめて撮ってみました。 撮影日:2020年4月11日(土曜日) 「ツバキ(椿)」 ツバキ科の常緑高木庭に2本ある大輪で斑入りの「八重咲きツバキ(椿)」の花です。 今年は花付きが良く、3月に咲き始め、まだ蕾が残っています。 「ジュウニヒトエ(十二単)」…
コメント:0

続きを読むread more

庭で咲く春の花(その1)

今年は春の花が同時に咲いてしまい月々に咲く花として区別できず、3~4月にかけて庭で咲いている花をまとめて撮ってみました。 撮影日:2020年4月11日(土曜日) 「シンバラリア」 ゴマノハグサ科の常緑多年草鉢植えで3月初めから咲いている、1cmにも満たない超ミニサイズの可愛い花のシンバラリア「シンバラリア・アエクイトリロバ」…
コメント:1

続きを読むread more

春の名栗湖

毎年、新緑と紅葉の時期に湖畔を散策する埼玉県飯能市の西端、入間川上流の有間渓谷にある、平日で静かな「有間ダムのダム湖・名栗湖」を散策してきました。 昨年は「新緑の季節」←クリック:2019年5月9日の投稿です。 撮影日:2020年4月6日(月曜日) 「有間ダムの天端からダム湖・名栗湖」昨年より1ヶ月ほど早い、4月初めの「名栗…
コメント:2

続きを読むread more

カルガモ(軽鴨)の羽ばたき

いつもの散歩道沿いの小川に住み着いているカルガモ(軽鴨)が羽ばたいているのをよく見かけます。羽の色が地味なカルガモですが、羽ばたいた時の緑やブルーに輝く翼鏡(次列風切り羽の先端)だけは綺麗です。 そこで、「カルガモ(軽鴨)の」真後ろから「羽ばたき」を撮ってみました。両翼に金属光沢のある空色の翼鏡(よくきょう)が目立ちます。羽ばたき2回、…
コメント:0

続きを読むread more

君子蘭と桜の花

室内の「君子蘭」と近くの「桜」が今年も同時に満開になりました。 昨年は4月に入っての満開でしたが、今年は一昨年(2018年)と同じ3月下旬の満開です。 撮影日:2020年3月26日(木曜日) 「室内で咲く君子蘭の花」一昨年の「君子蘭」は「満開のクンシラン」←クリック:2018年3月27日の投稿です。 「近くにある大木に…
コメント:1

続きを読むread more

いつもの散歩道でキジ(雉)と再会

桜の蕾が膨らみ始めた先週中、いつもの散歩道で日本の国鳥、「キジ(雉)」と再会しました。 前回と違い、今回は見通しの良い田畑の中で雄鳥1羽と雌鳥3羽を撮ることができました。 撮影日:2020年3月18日(水曜日) 「キジ(雉)の雄鳥1羽」前回は散歩道沿いの広い休耕田の枯草の中でしたが、今回はそこから300m程離れた場所で、キャ…
コメント:0

続きを読むread more

3月に咲く白い花 3種

まだ木々が芽吹く前の3月の庭先で白い花が目立つ「ユキヤナギ(雪柳)」と室内の窓際で今年も咲いた白色の「洋ランのセロジネとキンギアナム」の花です。 撮影日:2020年3月13日(金曜日) 「ユキヤナギ(雪柳)」バラ科の落葉低木 花の少ない3月の庭先で、枝垂れた枝先に緑の若葉とたくさんの白い花をつける「ユキヤナギ(雪柳)」です…
コメント:0

続きを読むread more

3月の花木と野鳥

少し汗ばむような春らしい陽気になった、いつもの散歩道では河津桜をはじめ花木が白や黄色の花をつけ、足元にはスイセン(水仙)やハナニラ(花韮)の花が見られるようになりました。 撮影日:2020年3月7日(土曜日) 「満開の河津桜にヒヨドリ(鵯)とメジロ(目白)」 散歩道沿いで大きくなった満開の「河津桜」の花に、蜜を求めて「ヒヨドリ…
コメント:0

続きを読むread more