蝶々のアルバム2019(その2)

前回の続き 今年、近くの散歩道で撮った、5科16種類の蝶々の写真をアルバムにしてみました。 「蝶々のアルバム2019(その2)」は、何時も見かける蝶々のうちで最も大型で前翅長が4~7cmほどの「アゲハチョウ科」の4種類です。  「キアゲハ(黄揚羽)」アゲハチョウ科明るい草原で花から花へ飛び回り、やや黄色味をおびたナミアゲハととも…
コメント:1

続きを読むread more

蝶々のアルバム2019(その1)

今年は台風や大雨の影響で風景写真を撮ることが少なく、代わりに近くの散歩道で撮った花や昆虫の写真がたくさんあります。 写真を整理すると、5科16種類の蝶々の写真がありましたので、アルバムにしてみました。 最初は同じような生息場所の「タテハチョウ科」の3種類です。  「ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)の雌」タテハチョウ科前翅の先端の黒…
コメント:1

続きを読むread more

雑木林の紅葉

先月末日、清里高原へ「紅葉狩りドライブ」に出掛けた折に、「八ヶ岳倶楽部」と「美し森」の雑木林で見かけた紅葉です。 撮影日:2019年10月31日(木曜日) 「八ヶ岳倶楽部の雑木林」山梨県立まきば公園の南隣に位置する、俳優の柳生博さんとご家族の「八ヶ岳倶楽部の雑木林」を撮らせて頂きました。 紅葉が始まったばかりで、緑の残る手入…
コメント:1

続きを読むread more

ミセバヤの花

花が少なくなった晩秋の庭で鉢植えの「ミセバヤ」が、今年も綺麗な花を咲かせています。 撮影日:2019年11月6日(水曜日) ベンケイソウ科、多年草の多肉植物「ミセバヤ」の花名の由来は「君に見せばや:見せたい」だそうです。 また、万葉の古典植物として広く栽培されている「ミセバヤ」ですが、自生種は香川県の小豆島に唯一自生してい…
コメント:1

続きを読むread more

清里高原の紅葉と青空

朝の甲府盆地に濃霧注意報の出ていた先月末日、中央高速道の長坂ICから県道28号北杜八ヶ岳高原線と県道11号八ヶ岳高原ラインを走って、山梨県北杜市の清里高原を「紅葉狩りドライブ」してきました。 清里高原の定番の観光地で、刻々と変化する秋の空と綺麗な紅葉を意識して撮ってみました。  撮影日:2019年10月31日(木曜日) 「清…
コメント:1

続きを読むread more

清里のまきば公園を散策

秋らしい天気になった先週、久しぶりに日帰りドライブで山梨県北杜市の清里高原に行ってきました。 撮影日:2019年10月31日(木曜日) 駐車場のある「まきば広場」から、紅葉した木々の間に八ヶ岳牧場の牧草地と、右側奥に八ヶ岳連峰最高峰の赤岳(標高2,899m)が見えます。 今年は昨年よりちょっと紅葉が遅いようです。 「まきば…
コメント:1

続きを読むread more

ヤマトシジミとキチョウ

10月下旬にもなると、庭で見かける昆虫がめっきり少なくなりました。でも、「ヤマトシジミとキチョウ」は、まだ元気に飛び回っています。 撮影日:2019年10月26日(土曜日) 「ヤマトシジミ(大和蜆蝶)」 地面に近い花から花へ、忙しく飛び回るシジミチョウ科の「ヤマトシジミ(大和蜆蝶)」です。カタバミさえあれば棲息できると言わ…
コメント:3

続きを読むread more

庭で咲く秋の花

10月は第1週に季節外れの真夏日があり、そこから気温が急降下して先週は11月並みの気温の日も。 やっと庭で咲く秋の花が咲き揃いました。 撮影日:2019年10月18日(金曜日) 「シュウメイギク(秋明菊)赤花八重咲き」の花アネモネなどと同じキンポウゲ科の多年草「シュウメイギク(秋明菊)」の花です。 濃いローズ色で八重咲きの、…
コメント:3

続きを読むread more

数馬峡橋から白丸湖

台風19号襲来前の先週、奥多摩方面に出向いたおりに、JR青梅線終点の手前、白丸駅前の白丸湖を見てきました。 撮影日:2019年10月9日(水曜日) 数馬峡橋から白丸湖下流域 数馬峡橋から白丸湖上流域 数馬渓谷に架かる数馬峡橋白丸湖は東京都西多摩郡奥多摩町白丸の多摩川に建設された白丸ダム(白丸調整池)のダム湖です。 数馬峡…
コメント:0

続きを読むread more

秋の花、コスモスとヒガンバナ

先週末は30度超えの季節外れの真夏日、今週は秋らしい気温になりほっとしていたら、週末からの3連休は台風の接近で列島上陸の予想とか、早めの備えで被害の少ないことを祈るばかりです。 いつもの散歩道際に今年も秋の花、コスモスとヒガンバナが咲いていました。  撮影日:2019年10月3日(木曜日) 「コスモス」キク科「何気ない陽溜…
コメント:3

続きを読むread more

百日草の花に集まる蝶々

お彼岸も過ぎてだいぶ秋らしくなってきた何時もの散歩道、猛暑の中でも休むことなく咲き続けていた、花期の長いキク科の1年草、百日草(ジニア)の花にたくさんの蝶々が集っていました。  撮影日:2019年9月28日(土曜日) 「ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)」タテハチョウ科この日一番多く見かけたタテハチョウ科の「ツマグロヒョウモン(…
コメント:3

続きを読むread more

奥多摩湖最上流に架かる橋

8月に入り連日の猛暑日のなか、ちょっと涼しさを感じる東京都の最西端で山梨県との県境に近い、奥多摩湖の上流部に架かる橋です。 撮影日 : 2019年8月6日(火曜日) 「留浦浮橋(とずらうきはし)通称:ドラム缶橋」 国道411号線沿い、東京都の最西端、西多摩郡奥多摩町留浦の公衆トイレのある無料駐車場下の奥多摩湖北岸湖畔から南…
コメント:0

続きを読むread more

房藤の花に集まる昆虫

梅雨明け前の「いつもの散歩道」の際で咲く「ブッドレア(和名:フサフジウツギ 房藤空木)」の花に集まる蝶などの昆虫です。 「ブッドレア」はゴマノハグサ科の落葉低木で、英名で「バタフライブッシュ」と言われるように花穂が甘く香り、いつも多くの昆虫が集っています。  撮影日 : 2019年7月26日(金曜日) 「ナミアゲハ(並揚羽…
コメント:1

続きを読むread more

散歩道の花(7月その2)

前回の続き  久しぶりにいつもの散歩道をウォーキング、公園の花壇で花や昆虫を撮り、遊歩道沿いをいつもより足を延ばして歩いてみました。 撮影日 : 2019年7月10日(水曜日) 「ブッドレア (フサフジウツギ 房藤空木)」 ゴマノハグサ科の低木 長い円錐形の花穂が香り、蝶が集る花、別名バタフライブッシュと呼ばれる「ブ…
コメント:0

続きを読むread more

散歩道の花(7月その1)

梅雨空にちょっと薄日も見えた先週の水曜日、久しぶりに小川に沿った遊歩道や公園を通る、いつもの散歩道をカメラを持って歩いてみました。 撮影日 : 2019年7月10日(水曜日) 「エキナセア(ムラサキバレンギク 紫馬簾菊 ) 」 キク科の多年草 昨年はヒマワリ(向日葵)畑だった公園の花壇に、キク科の似たような花が数種類、花壇…
コメント:0

続きを読むread more

雨の日の庭

リニューアル後、初めての更新です。 うっとうしい雨の日が続き、散歩にも出かけられないので、雨に濡れる庭の草木を撮ってみました。 撮影日 : 2019年7月7日(日曜日) 「ブラキカム・チェリッシュ」キク科の多年草 雨にも負けず頑張って咲いています。 「アガパンサス」ヒガンバナ科の半耐寒性多年草 ムラサキクンシラン…
コメント:4

続きを読むread more

庭で咲く初夏の花(その2)

今年も早くも半分が過ぎ、蒸し暑い梅雨空が続いていますが、庭の草花は元気に綺麗な花を咲かせています。 撮影日 : 2019年6月25日(火曜日) 「モナルダ 、和名:タイマツバナ(松明花)」暑さにも強く、花色も多彩なシソ科の落葉性多年草 「モナルダ」の花です。 ヤグルマハッカ(矢車薄荷)とかベルガモットなどとも呼ばれる花です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父のダムとダム湖(その2)

前回の続き  前回は秩父の4つのダムの中でも、奥深い山間部に建設されたダムでしたが、残る2つのダムは比較的市街地に近い場所に建設されたダムです。 撮影日 : 2019年6月6日(木曜日) 「浦山ダム」と 「秩父さくら湖」秩父市の南東部、荒川水系の浦山川に建設された、旧秩父橋をイメージしたと言われる綺麗なデザインの 「浦山ダム…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩父のダムとダム湖(その1)

6月上旬、埼玉県の北西部、秩父市にある荒川の上流部で清流と緑豊かな山々に囲まれた4つのダムとダム湖を巡ってみました。 撮影日:2019年6月6日(木曜日) 「合角ダム」と 「西秩父桃湖」秩父市の北西部、1級河川・荒川水系の吉田川に建設された 「合角(かっかく)ダム」とダム湖の 「西秩父桃湖」です。 「合角ダム」は秩父市上吉田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の昆虫と花

朝から晴れて真夏日になった日曜日、庭に飛んできた昆虫と最近咲いた花です。 撮影日:2019年6月16日(日曜日) 「オオスカシバ(大透翅)」ハチドリのように高速でホバリングしながら長いストロー(口吻)を伸ばして花の蜜を吸うガ(蛾)の仲間、スズメガ(雀蛾)科の 「オオスカシバ」です。 花から花へ忙しく飛びまわり、止まることが無…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more